瞑想講座 2回目

瞑想講座 2回目を受けてきました。

今回は「マントラ」を使っての瞑想です。
日本語的には「御真言」と言うのでしょうか?

密教系のお寺などで、お参りする時に「御真言」を唱えながらお祈りするなんてありますが。

ここでのマントラの説明として、
スピリチュアルなエッセンスを含んだ言葉として、自分が大切にしたかったり、実現したいような言葉を自由に決めてよいと言うことでした。

それを生徒の中で4つの言葉が挙げられ、最後に先生からマントラの中のマントラと言うものが挙げられました。

ちなみに生徒から挙がった言葉は
・感謝
・慈愛
・愛
・平和
そして先生から教えられたマントラの中の最高のマントラと言うのが

・AUM(オーム)でした。

この言葉かなと思いましたら、ビンゴでした。
ただ、全然知らない方にとってこの「オーム」と言う言葉は違和感がある方もいるかと思います。

日本で世間を騒がせた団体が使っていたからですが、
本来は本当に神聖な言葉であり、その発せられる音はとても意味があります。

上に挙げられたマントラの一つ一つをみんなで7回、音に乗せ、発音し、
その言葉の意味をハートに落とし込んでいきます。

発音しやすい、しにくいはありますが、気持ちがどんどん落ち着いていきます。言葉の意味もそうですが、心穏やかにそして優しくなれる感じです。

特にオームを読み上げると、部屋の中もとっても響きのですが、
自分の体も共鳴していきます。
特に気持ちがいいですね。

以前、「倍音」のワークショップに参加して、
母音を発声して、人体の格チャクラを共鳴させ、エネルギーの通りをよくしていきましたが、まさに同じことですね。

声に発して、響かせること。
とっても気持ちがいいです。

普段にも取り入れてみたいと思います。
よかったらみなさんもやってみてください。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック