☆マイケル・ジャクソンに捧げる光り絵☆ライブ

JUGEMテーマ:日記・一般
Image724.jpg

みなさん、こんにちは!
湘南 茅ヶ崎のココロとカラダが笑顔になるちがさき整体クリィニクの柴田です。

本日、8月29日はマイケル ジャクソンの誕生日にあたります。

実は昨日知りました。

昨日、「マイケルジャクソンに捧げる光り絵」と言うイベントに参加してきました。

企画は音楽評論家の湯川れいこさん。

マイケルとも親交があり、10回位お会いしているそうです。
マイケルとの思い出話をとっても優しい口調で語られてました。


もしマイケルが生きていたら、

とってもファンタジーが大好きなマイケルにとって、
今回の和代人平さんが描く光り絵をとっても気に入ってくれるだろう
という事で企画したなんて言ってました。

光り絵アーティスト、和代人平さんのライブを先日見まして感動したことを
先月の日記に私も書きましたが、http://blog.7iro.biz/?eid=1487061

この光り絵とは蛍光塗料を塗ったキャンバスに、光を当てて絵を描いていく手法。

暗闇の中に次々と現れては、時間の経過とともに薄れていく感覚は
幻想的な雰囲気を感じさせてくれます。

湯川さんが選んだマイケルの曲に合わせて和代人平さんが描いていく。

最後にストロボライトが光った瞬間、

なんとマイケルの顔がキャンバスに描かれました。
和代さんの絵にマイケルの顔が合わさる・・・。

これには誰もが感動!啜り泣く声も・・・・。

和代さんもやり遂げた感じで感極まってました。

涙を必死で我慢されてる姿がまた感動を誘いました。

和代さんの描く絵には愛があります。
今回の絵にもそれは表現されてました。

会場にマイケルも来ていたかもしれませんね。


マイケルジャクソンが本当に伝えたかった事、
それはTHIS IS ITの映画でも言っていますが、

自然環境の事。
今、この素晴らしい地球を癒さなければならないこと。

湯川さんは20年前に出版されたマイケルの本の帯に描かれている言葉を紹介してましたが、

20年以上も前からマイケルは地球環境について
熱いメッセージを寄せていました。


ジョン・レノンの死について、湯川さんがオノヨーコと語ったエピソードを言ってましたが、

ジョンやマイケルが早くして死んだのも「選ばれた死」に寄るものと表現してました。

人々にメッセージをより強く伝える為に、皮肉にも「死」によって伝わっていく。
彼らはそれを伝える為に選ばれたのかもしれません。
早く亡くなるのには意味があるのかもしれません。

本人が伝えたかったメッセージを後に残された者が
しっかりと伝えていく必要がありますね!

湯川れいこさんを介してマイケルの事をさらに良く知れたし、
そしてそれを今回マイケルの曲に合わせ和代さんがとっても
素晴らしく表現してくれました。


一人だけで行うには小さい事ですが、みんなの意識が変わったら
物凄いエネルギーに変わります。

まずは自分自身でも、この地球、環境の為にエコを意識する。


ハッピーバースディ、マイケル!

そしてありがとう!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


ちがさき整体クリィニク ロゴ  湘南 茅ヶ崎市にあるココロとカラダが笑顔になる整体サロン


   神奈川県茅ヶ崎市共恵1-3-22 イサベルビル2F 
 TEL/FAX:0467-82-7215   E-mail:info@7iro.biz
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック