光の球が写る タッチフォーヘルスキネシオロジーセミナー開催しました!

  JUGEMテーマ:健康
いつもありがとうございます。
湘南 茅ヶ崎の心と体に効く整体サロン、ちがさき整体クリィニクの柴田博之です。

軽く触れるだけでストレスが解放され心と体のバランスが取れてしまいます、タッチフォーヘルス・キネシオロジーの公式クラスが終了しました。

今回は理学療法士の方と心理カウンセラーの方にご参加いただきました。
セミナーの様子をレポートで書かせていただきますが、

最後に毎回、記念撮影をしていますが、今回もまた不思議な写真が取れました。

光の球がはっきりと・・・

詳しくは後半で公開いたします。

今回もしっかりと楽しく学んでいただきました。
普段は西洋医学的な立場から患者さんを診ている理学療法士の方からも症状がどんどん変化していく体感していただきながら喜んでいただけました。

IMG_3539.jpg
▲ 筋力検査をしております。動きもしっかりとチェックさせていただきます。

IMG_8223.jpg
▲動かす方向、立ち位置、意識等は大事になります。細かい所もお伝えさせていただきました。

タッチフォーヘルス・キネシオロジーは東洋医学の経絡と言う気の流れと関連している筋肉のバランス調整をしていきます。バランスが崩れていると筋肉のスイッチが切れてしまい力が入らなくなります。


▲三焦経 小円筋の筋力検査


▲肝経 大胸筋胸肋部の検査


▲肺経 前鋸筋の検査


▲大腸経 大腿筋膜張る筋の筋力検査


検査の流れを覚えていただき、アンバランスになっていた所を調整をしてあげれば

◆全身の筋肉のバランス調整
◆14種類の東洋医学の気の流れである経絡の調整にもなります。


●痛みや痺れが軽減したり!
●体の動きが改善したり!
●体の歪み・姿勢の改善
●体が軽く、すっきりしたり!
●視界が明るく、はっきり良く見えるようになったり!
●ストレスが軽くなり気持ちが前向きになったり!
●パフォーマンスやモチベーションがアップしたり!

・・・などなど色々な変化が期待できたりします!

今回、ご参加いただいた方は理学療法士さんと心理カウンセラーさんでした。
お二人が今回学びに来られた目的。

理学療法士さんは
・痛みを軽減させたり、動きをよくするなどを西洋医学とは違う新たなアプローチとしてエネルギー的な事、メンタルケア的な事も学んでみたい。

心理カウンセラーさんは
・カウンセリング以外にボディからのアプローチを学びたい。

現在のお仕事をさらに活かす為に、違うアプローチの方法を学んでいただくのにまさにタッチフォーヘルスはとてもバランスが良いと思います。

タッチフォーヘルスはまさにボディに対して、メンタルに対してのアプローチをバランスよく学んでいただけるのでもってこいですね!

ですから怪しくもなく、ベースになっている物はドクターに許され治療や診断にも使われていたものですからその意味でも信頼及び変にエネルギーなどに片寄るわけではないのでとっても扱いやすいセラピーです!


▲食べ物を使って自分に合う食べ物を選んだり、バランスを取る食品を選びます。

この食物検査、応用ができたら身の回りの方が体調不良の時に使えたりします。
緊急時に、お薬がないなど、その場にある何か食べ物での代用で・・・。
食べ物で治すのではなく、その場での応急です。

あくまでも自己責任です。私自身にもそうですが、甥っ子や他の身近な人の対処にその場にある食べ物で代用したことありましたが、とてもいいです。

体の声を聴くって大事です。


▲教育キネシオロジーのブレインジムではおなじみのクロスクロールです。

簡単なエクササイズでり両脳のバランスを取ったり、痛みの軽減やストレスの解放など色々な変化が期待できたりします。


▲ストレスを解放するESR(エモーショナルストレスリリース)を行っています。
簡単なテクニックですがかなりすごく強力なテクニックです!
色々なシチュエーションに使えますがトラウマなんかにもいいです!

IMG_2597.jpg
▲姿勢の改善をしていただいています。見ていてどんどん体が変化していくのを感じれます。

骨をバキバキしなくても改善しますし、学ぶのに治療家でない一般の方でもできるようになれます!

学んでいただくことはまだまだ紹介しきれません。
本当に沢山の事をまなべられるのです。

そして自分でも体感、変化を感じることができます!


今回もしっかり学んでいただき、そして解放もどんどんとしていただきました!


▲恒例の記念撮影ですが、光の球、玉響さんがまたまた最後に写りました。
よくセミナーを開くと写るのですが、ヒーラーさんに見てもらいましたら、とってもいいエネルギーが流れていますね!と言ってもらえました。

改めて受講生の感想をアップしますね!





コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック