アンシェントメモリーオイル 他のセラピーとの相性がいい!

JUGEMテーマ:スピリチュアル
 いつもありがとうございます。
湘南 茅ヶ崎の心と体に効く整体サロン、ちがさき整体クリィニクの柴田博之です。
 
セッションの時は色々なセラピーを行っているのですが、
そのセラピーの中で『カラーパンクチャー』と言うドイツからやってきた色の光のセラピーがあります。
 
皮膚を通して基本的には7色の光を(他にボディとソウル・スピリットをつなぐ色であるソウルスピリットカラや宇宙的な色であるグレーカラーがあります。)をツボや反射区などにいれていきます。
 
このカラーパンクチャーとアンシェントメモリーオイルがとっても相性がいいのがわかりました。
 
これについては後半に続きます。
 
カラーパンクチャー
 
カラーパンクチャーはこんな目的で使います。
・ホルモンのバランス
・リンパの活性化
・生命エネルギーの活性化
・脳のバランス
・感情のバランス調整
・ストレスの解放
・男性性、女性性のバランス
・自分の本来の本質に気づき高める
・人生の大掃除
・コスメティックトリートメント
・スピリチュアル的トリートメント
色々なトリートメントの仕方がございます。

 
カラーパンクチャーで色の光を入れる実際にはどんな風に感じるかですが、
 
色の光を入れていくとキルリアン写真(オーラ写真をより専門的に分析していくメソッド)の光の放射が変わります。より体のエネルギーのバランスがよくなります。
 
光を入れる事でキルリアン写真上では変化がよくわかるのですが、
クライアントさんの感想では以下の様な変化の感想があります。
 
⇒肉体的な変化
・温かく感じたり、冷たく感じたり
・腸がゴロゴロと動き出したり
・体が動いてきたり
・眠くなってきたり

⇒メンタル面での変化
・緊張が取れリラックスしてきます
・場合によっては抑えていた感情が噴き出したり

⇒その他の変化
・何かを急に思い出したり
・ビジュアル的に色々な物が見えたり
・音やメッセージが聞けたり

⇒スピリチュアル的に感じることも
・過去生みたいなもの?
・天使さんやスピリチュアル的なものを見えたり

⇒全然感じない方もおります。(笑)
 
アンシェントメモリーオイル
最近、ご紹介をさせていただいております、アンシェントメモリーと言う夢や目的をサポートするオイルですが、
セッションの時に補助的に使っておりました。
 
カラーパンクチャーで色の光を入れている時にこのアンシェントメモリーオイルの匂いを感じてもらいながら色の光を入れるとさらに深くまで入っていく感じです。
 
ただ、光を入れるだけだとあまり感じにくい私ですが、このアンシェントメモリーオイルで五感の中の臭覚を刺激しながら色の光を入れるといつもの倍以上に反応が!
 
とっても深い瞑想状態の様な感覚となりました。
匂いは瞬間にして脳に伝わります。
 
部屋全体にもアロマの香りが漂っていますが、直接鼻から嗅いでいただいた状態で色の光を入れるとカラーパンクチャー自体も脳の反射区を刺激していきますのでより深いレベルでの反応が得られる感じです。
 
今、色々なクライアントさんを通してアンシェントメモリーオイルの香りを嗅ぎながらカラーパンクチャーをしていますが、香りをかきながらの方がより強い反応が出ています。
 
さて、ちょっとお知らせですが、
このカラーパンクチャーとアンシェントメモリーオイルを気軽に同時に体験してもらえるよう、

9月26日(水)に平塚市の駅ビルのラスカにて行われるイベントに参加します!
 
美と健康 癒しフェスタ湘南
平塚ラスカ6階ホール 11時〜16時
50店近くの心と体が癒せるブースが出店します。
 
外のイベントでは初登場のトリートメントを行います。
 
カラーパンクチャーのコスメティックトリートメントです。
 
顔の表面に7色の光を入れながらトリートメントをしていきます。
「翌朝、お肌がスベスベ、化粧のノリもとってもいい!」と言っていただけたりします。
 
カラーパンクチャーは顔の表面だけでなく、内臓の反射区を刺激したり、ストレスを解放し内側から変えていこうとしますのでインナービューティーからの美しさを目指していきます。
 
それに今回はアンシェントメモリーオイルのビューティーの香りを直接感じていただきながら行いますのでより深い所からのアプローチを行います。
 
IMG_1779.jpg
 
アンシェントメモリーオイルのビューティーがサポートします。
 
9月26日(水)
美と健康 癒しフェスタ湘南
平塚ラスカ6階ホール 11時〜16時
〒254-0034 平塚市宝町1番1号
 
体験価格で行いますので来てください。
私に会ってみたい方?お待ちしてます。(笑)
 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック