タッチフォーヘルス キネシオロジーの体験会を開催します!

JUGEMテーマ:健康
いつもありがとうございます。
湘南 茅ヶ崎の心と体に効く整体サロン、ちがさき整体クリィニクの柴田博之です。
昨年はイベントに出店し、タッチフォーヘルス キネシオロジーとはどういうものか?を気軽に受けていただきました。
イベントで体験セッションを受けられた方の感想として
  • 整体に定期的に通ってますが、「不思議です、とっても軽いです!」
  • ヘルニアの痛みでお悩みの青年も、「あれ?痛くないです!」
  • 会社の人間関係などでストレスを感じている方も、「あまり気になりません!」
  • 花粉症でお悩みの方も、「あれから薬も飲まず楽になりました!」
  • モチベーションが落ちている方も、「少しやる気が出てきました!」
・・・色々なうれしい感想や後から報告がきたりしました。
タッチフォーヘルスの素晴らしさを改めて実感させていただきました。
イベントのライブ感、キネシオロジーやタッチフォーヘルスを知らない方に伝えていく使命感もとっても面白かったのですが、
もっと「キネシオロジー」や「タッチフォーヘルス」と言うものをより深く知ってもらいたくなりました。
タッチフォーヘルス キネシオロジーの体験会を開催することにしました!
今年、初めての開催となります。
 
今、話題となっておりますキネシオロジー 
「タッチフォーヘルス」の体験会を開催します! 
タッチフォーヘルスは世界112カ国で絶賛!

ストレスを解放し、ココロとカラダのバランスが取れる魔法のセラピーで、
赤ちゃんからお年寄りまで幅広い方に行えます。

周りの方を癒すばかりかご自分のセルフケアにも役立ちます。
身近な方を健康であり、幸せの輪を広げていく愛のあるものです。

今回、このタッチフォーヘルスの素晴らしさを皆様に知っていただきたいです。



タッチフォーヘルス キネシオロジーセミナー


ハートこのタッチフォーヘルスでできることは! 

タッチフォーヘルス キネシオロジーセミナー

◆ストレスの解放 
◆痛みの解放 
◆姿勢の改善 
◆生活習慣の改善 
◆トラウマの解放 
◆自分にあった食べ物・アクセサリー・薬を選択 
◆自己実現 
◆舞台に上がる緊張を解放 
◆人間関係のコミュニケーション 
◆モチベーションアップ 
◆スポーツ前のパフォーマンスのアップ 
・・・など 

エネルギーのバランスが取れると幅広いことができるようになるのです。 

このタッチフォーヘルスを覚えると 

自分を含め、自分をとりまく人々を健康で元気にしていけたり、 
また、よりよい人生を送る為のサポートができるようになります。 

タッチフォーヘルス キネシオロジーセミナー


タッチフォーヘルス キネシオロジーセミナー


ハート当日は 
タッチフォーヘルスキネシオロジーについて 
・気の流れを体感を体感していただきます! 
・こころとからだのつながりを体感してもらいます! 
・ストレスを簡単に解放する方法をお伝えします! 
・デモンストレーション 
・その他 

こんな流れで行っいいきます。

治療家やセラピストと言ったプロでない、一般の主婦やOLさんでも 
学ぶことができ、セッションもできるようになれるのです。 
そして自分の家族や大切な方など、ご自分の周りの方を健康で幸せにすることができるのです。 

タッチフォーヘルスの素晴らしさを一人でも多くの方に伝えていきたいです。 

感動の体験を一緒にしましょう。


ハートタッチフォーヘルス・キネシオロジー体験会ハート 

日時 
2月19日(火)10:00〜12:00


受講費 2,000円

*タッチフォーヘルスのセミナー公式クラスを受講される方はキャッシュバックさせていただきます。

★参加者は全員ミニセッションを受けれます!

定員  4名 

お問い合わせ ちがさき整体クリィニク 
       電話0467−82−7215 
       mail toinfo@7iro.biz 
       パソコンhttp://7iro.biz 

タッチフォーヘルス セミナーの詳細
タッチフォーヘルスの受講者の感想及び様子(画像)

タッチフォーヘルスとは
キネシオロジーとは





ちがさき整体クリィニク ロゴ  湘南 茅ヶ崎市にあるココロとカラダが笑顔になる整体サロン
   神奈川県茅ヶ崎市共恵1-3-22 イサベルビル2F 
 TEL/FAX:0467-82-7215   E-mail:info@7iro.biz

コメント
興味深いですね。人体の癒しの力は偉大です。
よし@コミュニケーションスキルさん

コメントありがとうございます。
まさにそうですね。
とっても神秘的ですし、潜在能力ははかりしれません。
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック