アンシェントメモリーオイル ニューライフ

 JUGEMテーマ:スピリチュアル
 
いつもありがとうございます。
湘南 茅ヶ崎の心と体に効く整体サロン、ちがさき整体クリィニクの柴田博之です。
 
前回の記事でご紹介しました患者さん・クライアントさんの喜びの声、
そのセッションで利用しました、魔女のレシピの不思議なパワーオイル アンシェントメモリーオイル ニューライフをご紹介します。
 
アンシェントメモリーオイル
ビジネスやプライベートで新しいチャンスと新しい始まりを呼び込む為のオイルです。

 
◆心機一転、新しいことを始めたい方
◆今の自分を一度リセットしたい方
◆これから起業する、新規事業をスタートする方
◆新しい人、パートナーとの出会いを期待したい方
◆自分が理想とする人生に出会いたい方
 
ニューイヤーに使うのもお勧めです。

 
正月に新たな一年の目標や抱負を持つと思います。
新たな良いスタートを切るにもおすすめですね。
 
2013年を良い年に迎えるのに1月から使うのも良いです。

アンシェントメモリーオイル
▲瓶の底にハーブがあるのが見えるでしょうか?
 
このアンシェントメモリーオイル ニューライフは天然のハーブが入っています。
アンシェントメモリーオイルは魔女のレシピで作られた不思議なパワーオイルです。

アンシェントメモリーオイルのニューライフの成分
 
オイル:スイカズラ ⇒ ハニーサックル、イランイラン
ハーブ:ヤグルマソウ  ⇒矢車菊
(日本語で紹介されている資料とは異なっています。他のサイトとの説明と違います。)

オイルは日本名でスイカズラでも良いのですが、
フラワーエッセンスのバッチフラワーレメディに、ハニーサックルがありますので英語名で紹介します。

 
バッチフラワーエッセンスでは過去にいつまでもとらわれている状態です。
 
良い思い出にいつまでも浸かっている、ネガティブな思い出もいつまでも引きずっている状態ですね。
ネガティブな事も必要な学びとして。
 
過去の思い出もいつまでもそこに生きるのではなく、今や未来をより前向きに生きれるようになりたい方。
ハニーサックルのお花はとっても甘い香りがするそうです。
 
和名ではスイカズラとなりますが、ウィキペディアによると花をくわえて蜜を吸うのに使われたなんてあります。
なんてったって英語名でもハニーですから、それだけ甘いんでしょうね。
 

ちなみにイランイランは夜行性の花で、香りもとってもいいです。
 
アロマの効能でも女性ホルモンのバランスを取るのに良く、また淫効果を持ち、男性が最も女性らしさを感じる香りだそうです。
 
矢車菊

青がとっても綺麗な色です。
コーンフラワーブルーとも言われているそうです。
 
ウィキペディアによるとマリーアントワネットが好んだ花だそうでうし、

ツタンカーメンの棺の上にもあったそうです。
 
瓶の底に見えるハーブの青はこの矢車菊の色ですね。
 
アンシェントメモリーオイル
▲アンシェントメモリーオイル ニューライフをティッシュにつけてみました。
アンシェントメモリーオイル ニューライフのオイルの色はうすい透明感のある青です。

ですがティッシュにつけますとほとんと色はつきません。
 
つけた瞬間、薄い青がつきますが、オイルのシミとして透明感が広がり色はほとんど残りません。

アンシェントメモリーオイル
 
香りは、ジャスミンのような香りです。
実際にはジャスミンは入っていませんが、ブレンドされるとそのように感じるのでしょうか?

先日のセッションでこのアンシェントメモリーオイルのニューライフを使われた方は香りをとっても気に入られて購入されましたが、男性にもおすすめできる香りです。

私も大好きです。
いつまでも嗅いでいたいですね。

この香りを嗅ぎながら

今の自分に変化をもたらしたいこと。
新たにやってみたいこと。

こんなことをイメージして引き寄せたいと思います。

一般的にはニューイヤー新たな誓い、目標を立て、変化を求めようとしますが、今からどうなりたいかをイメージしてスタートダッシュを早めて2013年をよりよくしていきませんか?

・・・そんな思いで2012年のこの12月をラストスパートをかけて活動していくつもりです。

アンシェントメモリーオイルのニューライフでビジネスやプライベートで新しいチャンスと新しい始まりを引き寄せてみませんか?

★当サロンはアンシェントメモリーオイルを使って、セッションを行っております。
その方にあったベストなオイルを選び、より深く潜在意識に働きかけ、より内側からも変われるよう調整しております。

アンシェントメモリーオイルご購入希望の方はこちら>>>


お客様の声も200件以上アップされております。>>>

 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック