感想を言うのが苦手 学習障害?

JUGEMテーマ:健康

神奈川県茅ヶ崎市の心と体のお悩み相談サロン、ちがさき整体クリィニクの柴田博之です。  


昔、私の悩みの一つに、

「感想を言うのが苦手」と言うのがありました。

今ではこれを改善することができるようになりました。

今だからこそ、何が問題だったのか、自分の体験、分析で感じる事があります。

全ての自分の問題が、脳のスイッチが切れていた事と関係があったんだと思います。



この少年の様に無表情で固まってしまう感じでした。



感想を聞かれても何を言ったらよいかわかなない。
言葉が出てこない。
文章がまとまらない。

ヘタすれば、
良かったです!
感動しました!
おもしろかった!

・・・くらい。

さらに、

どんな内容だったのか?
聞かれると全然、わかっていなかったなんてことも。


単に、アホなのか?
理解力がない、
説明力がない、
記憶力がない、


なんなのか?

自分が緊張しやすいタイプだから質問され、
答えるのに苦労するのか?


では文章にして書けばかけるのか?

確かに時間をかけて文章をかけば、感想をかけないことはない。

でも、スラスラと出てくるわけではない。


この問題ですが、

私の中では「学習障害」的なパターンの為、こういう状況だったんだと思います。

学習障害の具体的な定義に入るかわかりませんが、

私の中で本を読んだり、話を聞いたり、説明したり、体のうごきがぎこちなかったり、
理解力も含めて、とっても大変でありました。

私が、今、中心に行っている、「キネシオロジー」の中のタッチフォーヘルスを学んだ時に
「学習障害」と言う言葉をしり、
内容を見てみると自分の症状にあてはまるキーワードが。

キネシオロジー的に外国からの先生に診てもらった時も、
脳の使い方が違ったり、色々な局面で脳がストレスに感じ、
無意識にスイッチを切れている事がわかりました。


そして、スイッチが入った時に全てが変わり始めました!




本もスラスラと読めるようになれたり、
理解力、
記憶の定着

人に説明することや
話しを聞く事も、

パニックになることもなく、

楽に楽しくできるようになれました。


脳のスイッチが切れていた事で、
理解するのに時間がかかったり、
説明する言葉すらみつからない。


こんな状況で悶々としてましたが、

今では以前よりは楽に感想を言えることができるようになりました。




・・・これも、

「学習障害」のバランス調整を行ったから事で、
まさに脳のスイッチが入りました。


感想を言うのが苦手と言うお悩みも調べてみると意外と多いのですね。


でも、学習障害系のパターンの方は体の動きだったり、
目の動き、
書くこと
聞くこと
話すこと
記憶すること
同時作業

などなど見ていくと、どこがきれているか?見えてきます。

ちょっとした体の動きだけでも「学習障害」系のタイプかな?と、
予想を立てますが、

殆どの方はやはり、調べるとスイッチが切れています。


脳のスイッチを入れる事で体のより物事がしやすくなり、
自分にも自信がもてるようになります!



キネシオロジーでスイッチを入れていきます!

IMG_6443.jpg


感想が言うのが苦手と言う方は、
もしかしたら、「学習障害」系のタイプかもしれません。



お悩みの方はご相談くださいな。

お客様の声も200件以上アップされております。>>>

 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック