学習障害と夏休みの宿題

JUGEMテーマ:健康

神奈川県茅ヶ崎市の心と体のお悩み相談サロン、ちがさき整体クリィニクの柴田博之です。  

もうすぐ、夏休みも終わりですね。
宿題に追われている、お子様たちも大変ですが、
それを見守る親御さんも大変ですね。



さて、9月に入ると新学期で、
夏休みの気分を切り替えてまだ、学校生活や勉強に向かっていかなければなりません。

学習障害について記事を上げておりました事で、
お子様の学習障害に対する相談も増えて来てます。

特に新学期に入る前に何とかしたいところ。

私も、学習障害のような症状で悩んでおりましたので、

夏休みの今の時期は大変でした。

宿題もやろうとしないわけではないのです。

集中力が全然ないのです。
机に向かっても落ち着かない。

読書感想文の本ももう大変でした。(泣)

本は読んでも内容が全然入って来ない。
ページも全然進みませんから、もちろんなかなか終わらないのです。

なんとか理解しようと何度も読んだり、
音読してみたり・・・、

しながらなんとか読み、
そして読み終わっても全然、なんだかわからなかったので、

本の中からの言葉を引用しながら、
感じた事を書いていた、

そんな当時でした。


国語の宿題はさらに作文もありましたね。
漢字の書き取りは得意と言うかやるのは良かった思い出はありますが、

文章を読む、理解するものは大変でした。

ですから算数の応用問題は苦手でした。


そんな昔の私がおりましたが、
学習に対して無意識にスイッチを切っていた。

今はこれを克服できましたが、
小さい時に上手くできていたとしたら、

違った人生を歩いていたかと思います。


この集中力だったり、読解力。

今、私はバランスを取る事を学びましたが、

この問題は目や耳のバランスも影響を受けていたりします。


大人も含め、学習障害の症状をお持ちの方は
ほとんどの方がこのスイッチが切れていたり、

一般的な方と違う、反応を起こしたりします。


・・・

ですが、バランスを取ってあげればもっと楽になれる方が多いです。


私自身はバランスを色々な方向からとっていったおかげで、
本の読み方、読解力、理解力、説明力など、色々変化したかと思います。

昔の私は話す時も頭、まっしろになり、パニックになることも非常に多かったです。

とっさの判断だったり、体の動きも影響していたと思います。

運動なんかも、玉の遠近がわかりづらかったり、
動きもぎこちなかったり、

こんな問題もありました。


・・・でも運動などに関しても改善できるのです。



学習障害系のパターンの方は見ていてどこかぎこちない方が多いです。

運動神経として体が自分が思うように動けたり、瞬時に行動を移したり、処理するのも
影響が非常にある気がします。


キャッチボールやフライを取るのが苦手。

これなんかも今思うと関係があった気がします。


以前の私は硬式のテニスはかなり苦手でした。

ですが、最近、縁あってテニスを始めたのですが、

これが意外と良く打てるので自分でも驚いています。


教えられても理解できない。
体が思うように動かない。
ボールの感覚がつかめない。

こんなこともありました。


色々な感覚器、体、などのストレスを軽くしていきました。
その結果、今では返信できた気分です。


色々とご相談を受けておりますが、
中には同じ事で悩まれている方かな?というのは

だいたい、私は感じます。

キネシオロジーと言うセラピーに出会い、
よりスイッチを入れていく事で、


本来の自分をもっと活かすことができるようになれるのです!


脳のスイッチを入れる事で体のより物事がしやすくなり、
自分にも自信がもてるようになります!



キネシオロジーでスイッチを入れていきます!

IMG_6443.jpg

お子さんたちも、何にストレスを感じているか見えてきます。

そのストレスに気づいてあげ、
そのバランスをとる。

そして少しずつ、自信をつけてあげる。


キネシオロジーでは自信がつくきっかけとなります!



学習障害でお悩みの方はご相談くださいな。

 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック