誰もが持っているアレルギー。心身の不調はアレルギーが影響している!

JUGEMテーマ:健康

神奈川県茅ヶ崎市の心と体のお悩み相談サロン、ちがさき整体クリィニクの柴田博之と友子です。  
 

アレルギーについての問題の原因や調整法を色々な角度から学んでおります。


IMG_1908.jpg

 

こんなビンに入ったサンプルやサプリメントを使って調べてます。


IMG_1918.jpg

IMG_1920.jpg


医学的なアレルギーの概念だけでなく、
色々な物資や光、音、化学物質などから来る過剰反応も含めてとらえてます。
 

食物アレルギー、花粉症、喘息、アトピー以外に、

病名がついた疾患もアレルギーの影響もあるようです。
 

自閉症、ADHD、リウマチ、癲癇なども食物アレルギーとも関係だったり、

色々な不調も関係しているようです。
 

臓器の消化吸収の問題もアレルギーを引き起こす原因だったりします。

 

そしてキネシオロジー的には何がバランスを狂っているのか?

バランスを取る栄養は?

特定のビタミンはたりてるか?

それが足りているのか?
少ないのか?

量はどの位取るのがよいのか?

胃酸はたりてるか?

太陽神経叢のバランスはよいのか?

影響を与える感情バランスは?

 

色々チェックしてます。
 

確かに、私はアレルギー性鼻炎で酷かった時代、特定のビタミンの摂取とマッサージのお陰で半月位で軽くなり、それ以来、薬を取らなくなりました。
 

今、思うと関係ありましたね。
 

本日、色々調べたら、私自身の体もアレルギーが出やすいような状態でした。
 

アレルギーは特定の物に反応を示す方もおりますが、色々な食べ物を複合してアレルギーを起こす方が潜在的に多くいるようです。

本日も学びを深めてきます。

 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック