フェイシャルハーモニーバランシング、ビジョンに出てきたハチが教えてくれるメッセージ!感想4

JUGEMテーマ:スピリチュアル

神奈川県茅ヶ崎市の心と体のお悩み相談サロン、ちがさき整体クリィニクの柴田博之と友子です。  

毛布に包まれて行う、フェイシャルハーモニーバランシングのセッション

フェイシャルハーモニーバランシング 4回目のセッションの感想をいただきました。



フェイシャルハーモニー 神奈川県茅ヶ崎市 キネシオロジー


*いただいた感想にイメージ画像をつけてみました!
以下、ワードで送ってくれた感想です!
 
セッションを終えて
大きな々蓮の花・淡いピンクで太陽の光をイッパイ浴びて輝いていました。





蓮の花の真ん中の緑の部分に『ハチ』がいました。





「私が引いたカードのイメージは、、キリスト。
御釈迦さまではないのに?・・・・」と私。





元気そうな『ハチ(ガイド)』が「あっそうだ!」







「大丈夫?今日のガイドは?」少し心配になりました。

今回もカードの中にピラミッドが感じられたので、
「ピラミッドは何を意味しているの?知りたい!」と私。






『ハチ(ガイド)』が「王の名前だけが注目されているけど、
名前も語られない多くの人や動物、花や鳥や木や全てが神の元に行かれるようにとの思いがあったのでしょう。




太陽や月・星の動きも計算に入れて、人間だけの力ではなく、皆で協力して作り上げたのでしょう。」




カードに次は丸い形を感じたら、『ハチ(ガイド)』が「キリストと太いパイプで繋いだら?」
「え〜そんなこと出来るの?」と私。

『ハチ(ガイド)』が「大丈夫。馬小屋で生まれたキリスト?・王子として生まれた御釈迦さまが、それぞれにかなりきつい修行などをして悟ったり、教えを残したりしたけど、人間も進化してきた。

これからは人生を楽しみながら、神仏に近づく方法も有るはず。

もうすでに気が付いている人たちもいる。

そういう人たちとの仲間作り、大切なんじゃない!」

こんなやり取りが私と『ハチ(ガイド)』の間でありました。





そして、今回のガイドは誰?ハチ?名前は?、
『ハチ』で思いだしました。

英国に住んでいる時に娘がハチに刺されました。
車に乗った瞬間「ギャア―!」と大きな悲鳴。
私はそれからハチが苦手になりました。

娘は14年前にガンで他界していますが夢で『・・必ず家族を善導すると・・・』とメッセージを私に伝えてくれました。

もしかしたら、今回の危なっかしい『ハチ(ガイド)』は娘だったんだと気づくと納得できます。

彼女は御釈迦さまの足元にいるのかしら?蓮の花にいた『ハチ』ですもの・・・・。





カードのメッセージは洞察力。


IMG_6380.jpg




オイルはhappiness。


IMG_3258.jpg
アンシェントメモリーオイル ハピネス

洞察力を辞書で引くと
≪普通の人が見抜けない点までを、優れた観察力で見抜くこと≫
とありました。

上辺だけの見方は、洞察力とは言わない。
様々な角度からみて、みんなが幸せになれるように気付くことが、大切なのかもしれない。
そうすれば、自分の心が楽になり、暖かくなる。

周りの人も幸せになれる。
日本語って奥が深い。

一匹の小さな『ハチ』が私に教えてくれました。

久しぶりに娘に会えて嬉しかったです。

今回は、こんな気付きをいただきました。
ありがとうございました。


追伸:私の感想に映像を付けてくださりありがとうございます。
   蛇のマ―ニ―とのやりとりの映像は、感動しました。

   『mar』が生きているようです。
   涙がでてきます。

   先生ご夫妻に心より感謝いたします。
   残りのセッションも楽しみです。  


今回も、またまた見られたビジョンにストーリーがあったようですね。

とってもかわいいハチが色々と教えてくれるようです。
まさに導いてくれるみたいですね。

感想に書いていただき、娘さんの事を知りました。

そんな様子を全然見せない、Sさまです。
もちろん大変な時期もあったんでしょうね。

それをこうして乗り越えられてきたんですね。

素晴らしいです。


今までのセッションを通しても段々と導かれるように、
これからのSさまの進むべき道が段々とクリアーになってきたのでは?なんて思います。



楽しみです。

さて、次のセッションも楽しみですね。


まだまだ、毛布が気持ちよい季節。
毛布に包まれながら不思議な感覚、体験を!


詳しくはこちら>>>

心も体も調和する今までにないヒーリング。
おまけに、顔も素敵になれる総合的なセラピーです。



フェイシャルハーモニーのセッションの詳細はこちら>>>
フェイシャルハーモニーの感想等>>>
 
ご予約・お問い合わせメールフォーム

 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック